とりすぎには注意

タンパク質と男性ホルモン

ザーメンや精液や性欲などを高めるために必要なのが男性ホルモンのテストステロンと言われています。このなかで、とくに亜鉛などのミネラルそして、吸収力にはタンパク質が大事と言われるために、どれだけ考えられるかも重要。

 

タンパク質が基本的に体にいいものであることには違いないけど、どんな栄養素も取り過ぎは体に良くない。たしかに、量は多いほうが良いと思いがちなんですが、結果的に無理に吸収することで、乱れがちな栄養分になってしまうので、計画的な栄養分を吸収することが重要。これは亜鉛もタンパク質も同じこと。

 

私たち普段どの程度のタンパク質を取ることが重要になるかといつと、体重1kgあたりに相当する料が0.8〜1.0gだそうです。

 

私は体重が70kgなので、一日に56〜77gのタンパク質が必要となる。ここから運動なども関係するのですが、基本的には、これくらいのタンパク質を吸収することで、しっかりとした栄養分を補給することができるとのこと。

 

タンパク質は、ごはんやパン、卵などの食品に含まれているために、気軽に撮ることができます。しかし、先程も話したように、過剰に吸収すると、悪影響を及ぼし、逆に男性ホルモンを低下させる恐れも。ある程度は、計算してから吸収したいものですね。